iPhoneは毎年買い替えるのが安いは嘘【インチキなしシミュレーション】

Money

こんにちは!

iPhoneって年々高くなってるような気がしますよね。

でも、

「電化製品は常に最新のものを使いたい!」

「実は毎年買い換えた方がお得なのでは?」

「新しいの買いたいけど高いなぁ…」

と思うあなたはぜひこの記事を見てiPhoneの購入を再考してみてください!

結論から言うと

iPhoneは毎年買い替えが維持費としては安い!は嘘

なぜそうなるのかをここではしっかりと厳密にインチキ一切なしでシミュレーションをおこなっていきますので、一緒に確認していきましょう!

iPhoneを毎年買い換えた場合の費用

では、本記事でお勧めしている場合のiPhoneを毎[ad]年買い換えた場合のコストについて解説していきますよ。

まず前提として、iPhoneはキャリアから購入するのではなく、SimフリーのものをApple公式から購入するとします。

そして、手元に残った旧機種はメルカリやラクマで売りましょう。

実質コスト= 新機種の購入金額 ー 旧機種の売却益

という計算式です。

結論から言うと毎年買い換えた場合の実質コストは年4万弱です。

iPhoneの最新機種発売当初の値段

発売当時のiPhone8から現在最新のiPhone12までのApple公式からの税込価格を見ていきましょう。

ストレージは一番下のものとします。

消費税は2019年の10月から10%となりました。iPhoneSE2以降には10%適用。

機種税込価格発売日
iPhone8851042017年9月
iPhoneX1218242017年11月
iPhoneXS121824円2018年9月
iPhoneXR91584円2018年10月
iPhone1180784円2019年9月
iPhone11Pro115344円2019年9月
iPhoneSE248384円2020年4月
iPhone1294380円2020年10月
iPhone12Pro117480円2020年10月

こうしてみるとiPhoneSE2の安さが際立ってますね。

旧機種を売却した場合の利益

では次にひとつ前のiPhoneをメルカリやラクマで売却した場合を見てみましょう。

メルカリとラクマにて最小ストレージのiPhoneを新機種発売直後に売り切れたものだけの価格を抽出して幾つかの平均を取りました。

ラクマの手数料は2021年現在6.0%。メルカリの手数料は10%。

ここは、手数料の大きいメルカリに合わせて10%引かれた額を利益とします。

機種売上価格利益(-10%後)売れた時期
iPhone858000円52200円2018年10月
iPhoneX91000円81900円2018年12月
iPoneXS78000円70200円2019年10月
iPhoneXR56000円50400円2019年11月
iPhone1167000円61300円2020年10月
iPhone11pro10100円90900円2020年10月

結局、毎年いくら払えば最新機種を買えるのか?

上記で載せたApple公式によるSIMフリーiPhoneの発売当初の税込価格とメルカリ・ラクマでの売却益を引き算することで、実質のランニングコストを計算します。

旧機種→新機種買換え時期旧機種売却益新機種購入価格実質ランニングコスト
iPhone8→iPhoneXR2018年10月52200円91584円39384円
iPhoneX→iPhoneXS2018年12月81900円121824円39924円
iPhoneXR→iPhone112019年11月50400円80784円30384円
iPhoneXS→iPhone11pro2019年10月70200円115344円45144円
iPhone11→iPhone122020年10月61300円94380円33080円
iPhone11pro→iPhone12pro2020年10月90900円117480円26580円

基本的に下位機種を使っている人は下位機種の最新、上位機種
(Pro等)を使っている人は上位機種の最新に買い換えることを想定。

年によって波がありますが、平均すると約35000円で新機種が毎年手に入ることになります。

2年おきに買い換えた場合

同様の計算で2年おきに買い換えた場合のシミュレーションを行ってみます。

iPone8→iPhone11

iPhoneXS→iPhone12pro

iPhoneXR→iPhone12

といった乗り換え方ですね。

2つ前の旧旧機種を売却した場合の利益

機種売上価格利益(-10%)売れた時期
iPhone849000円44100円2019年10月
iPhoneX51000円45900円2019年11月
iPhoneXR52000円46800円2020年11月
iPhoneXS57500円51750円2020年12月

意外だったのが、段々と年月を経てくると上位機種と下位機種の価格差が縮まることですかね。

結局、2年おきに買い換えた場合のランニングコストは?

旧機種→新機種買換え時期旧機種売却益新機種購入価格実質ランニングコスト
iPhone8→iPhone112019年10月44100円80784円36684円
iPhoneX→iPhone11pro2019年11月45900円115344円69444円
iPhoneXR→iPhone122020年11月46800円94380円47580円
iPhoneXS→iPhone12pro2020年12月51750円117480円65730円

という結果になりました。

四パターンを全て平均すると2年間でのランニングコストの平均は548559円となりました。

一年あたりに換算すると27429円です。

結論 毎年買い替えの方が安いは嘘

私がネットで検索した記事で毎年買い換えた方が安いと謳っている記事はたいてい、メルカリでの手数料分を入れてなかったり、売れてもない機種を売れている前提で計算していたりと、少し正確性に欠けていました。

今回はそういったインチキ一切無しでシミュレーションしたところ2年おきに書き換えた方が安いという結論になりました。

毎年最新機種にした場合は一年あたり35000円

2年おきに買い換えた場合は一年あたり27000円

と言う結果でした。

2年おきに買い換えた方が一年あたりの出費は8000円抑えられる計算です。

ただ、この8000円の違いというのが意外という人も多いのではないでしょうか。

私個人の意見では、毎年最新機種を手に入れられるならば、8000円程度なら安いと思ってしまいます。

それでも毎年買い替えを推奨する理由

Apple公式

実は私は毎年買い替え推奨派です。

なぜならば、

理由1:iPhoneを新品で買ってから1年間はAppleの保証が付く

理由2:2年も使うとバッテリーは劣化する

という点から私は毎年買い替えいいのではないかと考えてます。

だって、iPhoneって保証なしで壊れたらほぼ本体価格分の修理費かかりますし、バッテリー交換費用だって7000円だったり5000円だったりしますから。

最後は好みですけど、意外だったと思う人は多いのではないでしょうか。

プロフィール
この記事を書いた人
私

カサイと言います!
サラリーマンを片手間にブログを更新するブロガー。
このブログでは人生を最適化し、豊かに幸福に暮らすためのアイテムやお金の知識を配信しています。
計算や効率化が得意。プログラミングも多少…
あわよくば、副業を成功させて仕事を辞めたいと思っています!

私をフォローする
Money
スポンサーリンク
私をフォローする
スポンサーリンク
watashito.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました