スマホ依存から抜け出したいあなたに捧ぐ モバイルバッテリー不要論

生活

あなたは普段モバイルバッテリーを持ち歩いていますか?

そのモバイルバッテリー本当に必要でしょうか?

今回はモバイルバッテリーを持ち歩くのやめることで生じるメリットについてお話します。

脱スマホ依存症への一歩となる!

最近iPhone11 proが発売され、電池持ちはなんと18時間!(ビデオ再生)

Maxに至っては、20時間です!

私のようなもう二年近く使いヘタレバッテリーのスマホを使っているような方なら必要でしょう。

しかし、iPhone11proじゃなくてもある程度長持ちするならば、モバイルバッテリーは不要という話です。

みなさんのiPhoneは出先でどうして電池が切れてしまうんですか?

YouTubeの見過ぎ?ゲームのしすぎ?私と同じく目的もなくネットサーフィン?

数時間以上持つようなスマホをフル充電で持ち出し、外出中でバッテリー切れを起こすというのは、大抵使いすぎです。

いくらブルーライトカットしていようが目にもよくありません。たまには画面から目を外して外を見てみましょう。

仕事でスマートフォンをたくさん使用するという方なら仕方ないでしょう。

スマホ依存症という言葉があります。

電車内でのその操作、本当に自分のためになっているでしょうか?

その調べ物本当に必要でしょうか?家で出来ないんでしょか?

バッテリーがいっぱいあると安心してつい触り過ぎてしまいますよね。

いっそ、モバイルバッテリーを置いていくことでいつも電車内でゲームをやっていた時間を、読書や勉強にあててみるのも良いでしょう。

私は最近、モバイルバッテリーは旅行か仕事の時しか持ち歩かないようにして、電車内ではKindleを取り出し、極力読書をしています。

こうして、脱スマホへの一歩を踏み出せるわけです。

まとめ

最近は、子供でもスマホを持つようになり、目への悪影響や依存症が叫ばれています。

私もそうですが、用がなくてもついスマホを触ってしまう時があります。

急ぎではないのに、ついネット検索してしまう時があります。

私が外出先で本当にスマホを必要としている時は、道に迷ったときのマップと待ち合わせの連絡、緊急の電話と仕事関係ぐらいでしょうか。

私も意味もなく画面を見すぎていると反省しています。

子供の時はテレビゲームの時間を親に制限されていた人も多くいるでしょう。

こうした制限をモバイルバッテリー不携行で意図的にかけてしまおうということです。

こうした依存を物理的に断ち切って、自分が本当に成長できる時間に使っていこうという話でした。

この論の

良い点

  • スマホ依存から抜け出す一歩
  • 節約
  • 荷物の軽量化(私は180gの軽量化)
  • 読書、勉強時間が増える

悪い点

  • 非常の際に困る
  • 初めは不安
  • 本や勉強道具を持っていないとやることがなくなる
  • 忙しくても充電して外出しないといけない

以上

コメント

タイトルとURLをコピーしました