観るだけで人生が変わるおすすめ学習系Youtuber 6選

Money

ひと昔まえのYoutubeと違ってバラエティ系だけではなく、ためになる学習系のYoutuberが増えてきて勉強にももってこいですよね。

私

Youtube視聴はお金もかからないし、隙間時間にも使える!

この記事を読むと

観るだけで人生を変えてくれるようなライフハック系やお金の使い方系のYoutuberを知ることができます。

特に、

「義務教育以外でまともに人生やお金の勉強をしてこなかった!本も漫画しか読まない!」

「投資信託って何ですか?」

「とにかくお金が欲しい!でも時間が足りない!」

「本読まなきゃと思ってるけど、時間がない!」

といった人にはぴったりの紹介記事かと思うのでよかったら最後までお付き合いください。

ビジネスマンだけではなく学生にもぜひ見て欲しいものばかりです!

結論から言います。

結論から言うと本記事で紹介するYoutuberは以下です。

※リンクは各Youtubeのチャンネルトップに飛びます。

「両学長 リベラルアーツ大学」と「BANK ACADEMY」がお金に関する知識メインに教えてくれるYoutubeチャンネルであり、

残りの4つのチャンネルが論文や本の情報をまとめてわかりやすく解説してくれる「ライフハック系」のYoutubeチャンネルです。

私はこれらのチャンネルを見始めたことにより、投資をはじめて、日々の運動を欠かさなくなり等々

人生がだんだんといい方向に動き始めているのを感じております!

両学長 リベラルアーツ大学

https://www.youtube.com/channel/UC67Wr_9pA4I0glIxDt_Cpyw

2021年2月現在、チャンネル登録者数が約90万人ともはや大物Youtuberといっても過言ではないでしょう。

現在もものすごい勢いで人気が出ており、知っている!と言う人も少なくないのではないでしょうか。

両学長 リベラルアーツ大学では「今よりも一歩自由に!」をテーマに経営者の両学長が以下のような情報を発信しています。

  • お金の使い方
  • お金の稼ぎ方
  • お金の増やし方
  • お金の守り方
  • 人生を豊かに生きる方法

これらを軸になんとチャンネル解説以来毎日更新をしているという会社の経営者でありながら、すごい行動力だ!と感心してしまいます。

蛙

「お金のウンタラカンタラ」なんて言われてもよくわからないよ〜

という人も安心してください!

両学長が小学生にもわかるぐらいの優しさで、時にアニメーションを交え、関西人らしい冗談まじりの柔らかい口調で何もかも解説してくれます

このチャンネルの動画を観ることにより

「投資信託とは何か」

「つみたてNisaとは何か」

「お金持ちに一歩でも近づく方法」

これらの知識を全て手に入れることができます。

初めて観る人のためにも両学長自身が「お金の勉強-初級編- 初めての方はこちら」

と言う形で初心者向けに再生リストも作成されています。

実際、私もこの動画を見てから積み立てNisaに挑戦し始め、半年で投資額の20%も増えました!

まさにお金持ちになるためのノウハウが惜しみなくつめ込まれてます

BANK ACADEMY/バンクアカデミー

BANK ACADEMY / バンクアカデミー
バンクアカデミーの小林亮平です! 学校で教えてくれないお金の知識をいっしょに学んでいくチャンネルです。 つみたてNISA、iDeCo、年金、社会保険、楽天経済圏、資産運用、キャッシュレスなどをお話していきます!

日本語に訳すと「銀行の学校」という意味で、その名の通り両学長と同じくお金に関する知識を授けてくださります。

2021年2月現在のチャンネル登録者数は16万人とお金系のYoutuberの中では間違いなく大手でしょう。

BANK ACADEMYでは以下の情報を提供しています。

  • つみたてNisa
  • 楽天経済圏
  • iDeco
蛙

おいおい!待て待て!

さっきの両学長って人とどう違うんや!

と思った人鋭いですね。

もちろん本人たちが明確に住み分けを定義しているわけではないのですが、

視聴者である私自身からの目線で言うと

両学長は経済を全体から見てマクロから少しミクロな情報

BANK ACADEMYはミクロをメインに詳細なサービスの使い方の具体例まで

といった形です。

もしくは抽象の両学長具体のBANK ACADEMYといってもいいでしょう。

特にBANK ACADEMYのチャンネルでは、節約家にはもはや必需品とも言える「楽天経済圏」の解説では右に出るものはいないと思ってます。

BANK ACADEMYでは、両学長よりもさらに優しく解説しているのが特徴であり、つまづきやすいポイントやよくある質問に答えてくださるのが特徴です。

本要約チャンネル

本要約チャンネル【毎日19時更新】
▼どんなチャンネル? 毎日19時に ①【世界一分かりやすい要約動画】 ②【本当に役立つ知識をワンテーマで解説する動画】 の2本立ての配信をします。 聞くだけで理解できる音声コンテンツにして投稿しています。 (アニメーションも付けたりしてますが、音声だけでも理解できるように制作しています!) 通勤中・食事中・寝る前などス

その名の通り、本を要約して情報を提供してくれるチャンネルです!

2021年2月現在の登録者数は約25万人。動画数が316本とその人気っぷりが窺えますね。

本要約チャンネルは一日に本を5冊読むというまさに本の虫といえる圧倒的な知識をもつ投稿者タケミさんによって更新されています。

本の解説は動くアニメーションも使いさらに滑舌もいいという非の打ちどころがないような構成です。

ベストセラーとなった「金儲けのレシピ」や最近発売されたばかりの「2040年の未来予測」等々ビジネス書を中心として非常に質の高い動画を投稿しています。

蛙

ビジネス書なんて読む時間ないんじゃああ!

という蛙さんのような人にはぜひ見て欲しいチャンネルですね。

動画にもよりますが、大体20分ぐらいの時間で本一冊分の大事な部分を抜き出して提供してくださります。

実際私はビジネス書を実際に買う前にこのチャンネルやのちに紹介する「サラタメチャンネル」を見てから気になったものだけ買うようにしています!

論文解説チャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCVC4gwk42731pbweE6abiPw

その名の通り論文を解説する動画をあげているチャンネルです!

本要約チャンネルのタケミさんが運営しているチャンネルですね!

サブチャンネルというには力の入れ具合がすごいので、「サイドチャンネル」とでも名付けましょうか。

「サイドチャンネル」でありながらチャンネル登録者数が約3万人とタケルさんの解説の人気の高さが伝わってきますね。

理系の人はご存知かと思いますが、”最新の研究や情報”というのはまず論文にされることが多いです。

そして、いくらかの時間を経て新書にされるというわけです。

要は、この論文解説チャンネルをみることで、「まだ書籍化にも至っていない世界中の論文」の情報を一挙に手に入れることができるのです。

すごいと思いませんか!?

もちろん日本の論文だけでなく英語圏を中心として世界中の論文を解説してくれるため、英語ができない人にとって情報を得る最強の方法だと思ってます。

サラタメさん

https://www.youtube.com/channel/UCaG7jufgiw4p5mphPPVbqhw

「サラリーマンのタメになりそうなことを」という略で「サラタメ」だそうです。

彼はビジネス書の要約を動画にしてアニメーションを交えながらわかりやすく発信しています。

彼はサラリーマン生活を送りながら、Youtubeの投稿をし続ける副業Youtubeです。

蛙

おいおい待て待て!

本要約チャンネルと何が違うんじゃ!

ここまででは確かに本要約チャンネルとあまり大差がないように感じるでしょう。

もちろん上げられている本がそれぞれ違うのもありますが、私から見た1番のサラタメさんの推しポイントは

サラリーマン経験を生かして本の要約をさらに情報の付け加えや噛み砕きを行っくれる

という点です。

「この情報を仕事に生かしやすいように言い換えると…」といったことをまさにやってくれているのがサアタメさんです!

サラタメさんの動画は音声だけでも十分理解しやすいようになっていますので、私は家事をしながらイヤホンで音声だけできくことが多いです!

ながら作業による時間の有効活用ですね。

まとめ

ここに紹介しきれなかったYoutuberもたくさんいます。

私のお勧めは1.5倍速や2倍速などにしてギリギリ聞き取れる速度にして、家事をしながら視聴することですね。

時短テクニックの一つです!

とにかく少しでも気になるYoutuberがいたらリンクから飛んでみて一本でも動画を見てみることをお勧めします。

習慣にすることでじわじわと人生がいい方向に動き出すことでしょう

【理系が説得】両学長とリベラルアーツ大学がうさんくさくない理由
プロフィール
この記事を書いた人
私

カサイと言います!
サラリーマンを片手間にブログを更新するブロガー。
このブログでは人生を最適化し、豊かに幸福に暮らすためのアイテムやお金の知識を配信しています。
計算や効率化が得意。プログラミングも多少…
あわよくば、副業を成功させて仕事を辞めたいと思っています!

私をフォローする
Money 未分類
スポンサーリンク
私をフォローする
スポンサーリンク
watashito.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました