「Hey Siri! 曲名教えて!」と言わずに曲名を調べる方法【9割の人が知らない】

未分類
蛙

レストランとかで流れてる曲気になるけどSiriを呼び出すのが恥ずかしい…

というのが日本人の大半の意見ではないでしょうか。

iPhoneですと、Siriを起動して曲名を調べてもらうことができます。

が、人前ですとやはりSiriに話しかけるのは抵抗があるもの。

そこで本記事では、

SIriを一切起動することなく、街で流れている曲名を調べる方法をお伝えします!

実際のiPhoneの操作画面を見せながら、方法を教えますので、機械音痴の人でもご安心を!

画像付きの操作手順

①設定アプリを開く

これ以降は手元にiPhoneの設定画面を開きながら読むようにしてください。

設定画面をひらけましたでしょうか。

②コントロールセンターをタップ

③「コントロールを追加」の欄から「ミュージック認識」の横にある緑のプラスボタンをタップ

④「含まれているコントロール」の欄に「ミュージック認識」が入っていることを確認

コントロールセンターを開いて右下の「Shazam」マークをタップするとミュージック認識が起動します!

⑥うまくいくとこのように通知が現れます!

コントロールセンターを起動して1タップするだけなので、すごく便利になります!

より便利にするための一工夫

これだけでも「Hey Siri!」よりも使いやすくなったかと思います。

でも、「Shazam」というアプリを入れるともっと便利に使うことができます。

Shazamとは?

Shazamは周囲に流れている音楽とテレビ番組を認識するモバイルアプリです。お気に入りの音楽やテレビ番組を見つけて、情報を集め、共有するために最も適した方法です。Shazamは10億人を超える人々をつないでいます。10億タグに到達するまで10年、20億タグに到達するまで10ヶ月、100億から120億タグに到達するまで3ヶ月かかりました。 Shazamは素晴らしいアプリで、Apple、Android、Windowsの各ストアからダウンロードしていただけます。私たちはいつも、ユーザーに喜んでいただける新しい革新的な機能を探しています。

https://www.shazam.com/ja/company

Shazamは2002年にすでに携帯電話を使った音楽認識サービスを開始しておりました。

2008年にはApp StoreにShazamアプリが加えられました。

そして、ここ最近AppleによりShazamが買収されて、Appleグループの一員となりました。

なので、iPhoneのコントロールセンターからの起動やSiriとの連携がスマートなんですね。

Sazamアプリをインストールしてもっと便利にしよう!

私

Sazam公式アプリを入れるともっと便利になるよ!

‎Shazam: Music Discovery
‎Shazam will identify any song in seconds. Discover artists, lyrics, videos & playlists, all for free. Over 1 billion installs and counting! “Shazam is an app

↑app sotreに飛びます!

Shazamアプリをインストールすると。

このようにコントロールセンターを利用して調べた音楽も履歴として一覧に残るようになります

他にもApple Musicのボタンをタップすると自動的に同じ曲をApple Music内で検索して、Apple Music会員であればライブラリに一瞬で追加することができます!

また、コントロールセンター以外でのShzamアプリを起動して、真ん中のShzamアイコンをタップるすことで音楽を調べることもできるよ!

まとめ

どうでしょう。

蛙

そんな方法があるなんて知らんかった!

という人も多いのではないでしょうか。

私もコントロールセンターからのやり方はつい最近知りました。

私

本ブログでは、こんな感じにためになる生活の知恵やお金の知識やためになるアイテムをひたすら紹介しています。

よかったら、他の記事もみていってください!

プロフィール
この記事を書いた人
私

カサイと言います!
サラリーマンを片手間にブログを更新するブロガー。
このブログでは人生を最適化し、豊かに幸福に暮らすためのアイテムやお金の知識を配信しています。
計算や効率化が得意。プログラミングも多少…
あわよくば、副業を成功させて仕事を辞めたいと思っています!

私をフォローする
未分類
スポンサーリンク
私をフォローする
スポンサーリンク
watashito.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました