初めてのロードバイクをクロモリにすべき理由4つ【クロモリおすすめ】

Item

初めてロードバイクやクロスバイクを買おうとしてるけど、アルミかカーボンどっちにしよっかなあ。クロモリも一応確認しとこっかなあ。

私はクロモリにしようかと思ってるけど、念の為クロモリのメリットを確認しときたいな!

うさぎさん
うさぎさん

こんにちは!!嫌いな言葉は「サービス残業」!人生効率厨のカサイと言います。

毎週末は雨天以外ロードバイクに乗って出かけてる生粋のチャリ大好きマンです。

現在のクロモリロードバイクが初代で買ってから4年目に突入しました!

ロードバイクを乗る前はママチャリにしか乗ったことがなく、クロモリを一台目に選びました!!

ロードバイクやクロスバイクデビューするときに誰もが通る道がこのフレームの素材どれにするか問題かと思います。

現在普通に店頭で手に入るロードバイクおよびクロスバイクの素材として代表的なのが

  • クロモリ
  • カーボン
  • アルミニウム
  • (チタン)

です。

うさぎさん
うさぎさん

チタンは入門ロードとしてはすごく高価でそもそもフルオーダー限定だったりするので、今回は検討外ね!!

で、上記のクロモリ、カーボン、アルミの中で私はデビューロードにクロモリを選択したわけですが、大正解でした!

https://www.fujibikes.jp/2020/products/ballad_omega/

具体的にはFUJIのBalladという10万円前後で買えるエントリーロードと呼ばれる車種です!!

上↑の写真ね!

この記事では、

  • ロードバイクデビュークロモリにしてよかった点

をまとめることにするよ!

初ロードをクロモリにしてよかったこと4選

うさぎさん
うさぎさん

早速、クロモリにしてよかったことを結論からまとめちゃうよ!

  1. Tシャツジーパンサンダルでも違和感ゼロ
  2. 耐久性が高く、寿命が長い
  3. 歩道で避難走行してもそこまで異質感はない
  4. 旅用にも買い物号にも(レース用にも)転用できる

Tシャツジーパンサンダルでも違和感ゼロ

自転車に乗るのにあのピチピチのパンツ履いてジャケット着て、専用のシューズにいちいち履き替えないといけないの面倒だよ〜

サイクリングついでにお洒落なカフェとか寄りづらいじゃないか〜

うさぎさん
うさぎさん

そんなことないよ!!クロモリなら大丈夫!!

私もクロモリロードを乗って四年近くになるけど、Tシャツジーパンサンダルに乗ることがザラだよ!

昔はクロモリロードがツールドフランスなどの公式レースでもデファクトスタンダードでした。

ですが、技術の発展によりクロモリより軽いアルミロードが登場し、さらに21世紀に入りアルミよりもさらに軽いカーボンロードがレースではスタンダードとなりました。

今やクロモリでレースに出ている人は皆無と言ってもよいでしょう。

しかし、レースの世界から姿を消してしまったクロモリですが、その美しいフレームから街乗り用として人気が出ているのです。

例えば次の写真はFUJIのBalladというクロモリのクロスバイクですが、明らかに普段使いな雰囲気が出ていますよね。

https://www.fujibikes.jp/2020/products/ballad/

最初に載せたFUJIのクロモリロードバイクでもそうなんですけど、普段着で乗っても違和感がないのがクロモリなんです!

うさぎさん
うさぎさん

私は実際真夏の耐え切れないときはTシャツジーンズサンダルという超カジュアルなカッコウで乗ってます!!

耐久性が高く寿命が長い

かえるさん
かえるさん

こけたらゴミになるのがカーボンフレームなんて言われることがあります。

アルミは金属疲労に弱く突然バキッといくことがあります。

そのどちらにも強いのがクロモリです。

カーボンフレームは一般的に衝撃にかなり弱く、転倒するとフレームが割れてしまいもう二度と走れなくなってしまうぐらいシビアな素材です。

アルミフレームは金属疲労に弱く、おまけに寿命が外観からわからないため突然ポキッと折れてしまうことがあるそう…

一方でクロモリはサビにさえ気をつければ、突然ポキッといくこともなく、万が一フレームが曲がっても鉄なので熱を使って再び修復が可能なんです。

うさぎさん
うさぎさん

逆にクロモリの弱点が「雨」だね。

アルミやカーボンと比べて錆びやすいから水濡れには要注意だよ!!

かえるさん
かえるさん

ちなみに輪行のときにクロモリフレームだと安心感が違うよ!!

耐衝撃性という点からはクロモリが一番!!

歩道に避難走行しても異質感がそんなにない

これは極端な例ですが、例えば次の自転車が歩道走行していたらどう感じるでしょう??

一方で次の自転車が歩道を走行していたらどう感じるでしょう??

うさぎさん
うさぎさん

違いは言うまでもなく歴然だと思います。

違和感がないのは明らかに後者でしょう。

もちろん自転車で歩道を走行すること自体好ましくないのは当然なのですが、どうしても走らざるを得ない時があります。

  • 道幅が狭く大型トラックがバンバン通っているような夜道
  • トンネル内
  • 明らかに自転車が通ることを想定していないその他道路

はっきり言って日本は自転車後進国です。

うさぎさん
うさぎさん

ここで自転車は車道とか無理ゲーだろ

と思うような道はまだまだたくさんあります。

このようなときクロモリロードですと違和感なく歩道に乗り上げることができます。

特に初心者ですと、どうしても車道が怖く歩道に避難したくなることが何度もあるでしょう。

そのときにクロモリですと安心するのです。

飽きても汎用性がある

10万もする自転車買って飽きて結局乗らなくなっちゃったらどうしよう…

と心配する人もいるかもしれません。

でもクロモリなら大丈夫!!

再掲ですが、

こちらの自転車は前カゴがついており明らかに普段使いを想定しています。

ちょっと最寄りのスーパーへ行ったり、お気に入りのパン屋さんで買い物してからカゴにパンを載せて帰る。

そういう普段使いもできてしまうのがクロモリの魅力です。

もっと言えば、カバンやカゴを増設し、旅用のチャリにすることだってできてしまいます。

こうやって荷物をたくさん積載できるのは耐久性のあるクロモリならではです!!

まとめ

  1. Tシャツジーパンサンダルでも違和感ゼロ
  2. 耐久性が高く、寿命が長い
  3. 歩道で避難走行してもそこまで異質感はない
  4. 旅用にも買い物号にも(レース用にも)転用できる

以上、4つをロードバイク、クロスバイクデビューにクロモリをおすすめする理由として紹介しました!!

うさぎさん
うさぎさん

実際、私は最初のロードバイクをクロモリにして正解だったし、今でもクロモリに乗り続けていますし、これからも乗り続けると思います!!

以上、ありがとうございました!

プロフィール
この記事を書いた人
私

カサイと言います!
サラリーマンを片手間にブログを更新するブロガー。
このブログでは人生を最適化し、豊かに幸福に暮らすためのアイテムやお金の知識を配信しています。
計算や効率化が得意。プログラミングも多少…
あわよくば、副業を成功させて仕事を辞めたいと思っています!

私をフォローする
Item Recommended
スポンサーリンク
私をフォローする
スポンサーリンク
watashito.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました