USB Type-Cモニターに iPhoneは対応していない!他の手段は?

家電・ガジェット

最初に私が実証に使用した環境を紹介しておきます。

モニター:LG 27UK850-W

iPhone:iPhone8 iOS13.5

Lightning to Type-cケーブル:Anker

結論から言うと、iPhoneをLightning to Type-cケーブルで繋げてみました。が、映像は写りませんでした。

今回は映らない理由と対処法を話します。

iPhoneをUSB-Cケーブル一本で繋ぐことはできない

PUBG

iPhoneのアプリを大画面に写し出したい!

という欲求が爆発した私はたいして調べもせずに、衝動買いでUSB-CとLightningの端子のついたケーブルを購入しました。

安定のAnker製です。

買った当時は「ワクワク」

これで充電しながら大画面であれやこれやできるぞ!

という気持ちでいたのですが…

真っ暗。何も映りません。

ただ、充電だけされます…

モニターの電源を入れ直しても、iPhoneの電源を入れ直しても映りません。

なお、iPadはちゃんと映ります。

いろいろ調べたところ、どうやらiPhoneはLightning to Type-Cでの接続はそもそも対応していないとのこと。

つまり、LG製だろうが、HP製だろうがiPhoneをモニターのUSB-C端子に接続するのは不可能なようだ。

iPhoneをケーブル一本で給電とモニター出力を共にこなすということは現状不可能。

Appleも噂によるとType-C対応のiPhoneを出す予定もないようだ。残念すぎる。

対処法

Type-Cでは無理なのはお分かりいただけたかと思います。

どうしてもiPhoneをモニターに映したいんじゃ!

という方に3つ方法を紹介します。

  1. AirPlay
  2. HDMI変換アダプター

この2つです。

まあ他にもビデオ端子で出力する方法もありますが、もう最近のモニターには使われていません。Type-Cで困っている人のモニターにビデオ端子なんてついてないと思われるのでスルーします。

AirPlayで出力する方法

これは結構お金のかかる方法と思われます。

AirPlayでiPhoneの映像をモニターに出力するには、iPhoneとモニターの他にAirPlay対応の機器が必要となります。

一番手っ取り早いのはApple TVを購入する方法です。

1.Apple TVを購入して同じwifiに繋ぐ

2.コントロールセンターを開く

3.AirPlayでミラーリングでApple TVを選択

ここでApple TVを選択できるはずです

以上です。

詳しい方法は

Apple公式 AirPlayでビデオをストリーミングする方法やデバイスの画面をミラーリングする方法

をご覧ください。

ただし、この方法はゲームにはあまり向きません。

なぜならば、無線であるため遅延が発生するためです。

あと、Apple TV 4Kの価格は現在税別19800円とそんなに安くないので、iPhoneのためだけに買うのは少しもったいない気がします。

HDMI変換アダプターを使用する方法

こちらは簡単で有線なので遅延もほとんど発生しません。

ゲーム向きであまりお金かけたくない人向けです。

1.Apple製 変換ケーブルを買う

※非純正品は安いですが、iOSのアップデートで使えなくなることが多々あるので、おすすめしません。

純正です

2.HDMIケーブルを買う

3.iPhoneとモニターに繋ぐ

以上です。繋いで電源を入れると自動的に映ります。

デメリットは有線であることと、アダプターにしては価格が高いことでしょうか。

まとめ

私はUSB-Cで写せないことを知り、ミラーリングをそもそも断念しました。

が、どうしても写したいという人たちは上記のいずれかの方法で行うといいでしょう。

iPhoneをUSB-Cで映したいと考えている人のためになったら幸いです。

今回登場したモニターのレビューはこちらです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました