バックパッカーの持ち物とは?長期旅で7キロ以内!

最近は格安航空会社が多く就航するようになりましたが、多くの会社で制限されるのが手荷物のみで重量7kgまでという制限です。(実際は5.8kgでした)

「スーツケース じゃなくて、リュックひとつで旅するには何を持っていけばいいの?

という疑問に答えるため、私が二週間の東南アジア旅行で実際に持っていった荷物を紹介します!

また、海外旅行に限らず、国内長期旅に出る人も参考にしてください。

一週間を超える長期旅をこれまで何度もしてきた私が旅行に必要な持ち物を重要度別に紹介します!

リュク

重要度 ◎

7kg制限の中、スーツケース を持っていくのは、あまり賢い選択肢とは言えないでしょう。自然とリュック一択になると思います。

リュックはmilletのkula30 という容量30Lのものを使っています。これまで、常夏の国や真冬の北海道を旅してきましたが、これに収まらなかったことは一度もありません。ただ、お土産が制限されてしまうかも、、、

[ミレー] KULA 30 クーラ 30(KULA)
KULA 30 クーラ 30(KULA)

このリュックはレインカバーも付属しており、ロックもかけることができるので、海外長期旅にはぴったりのリュックです!

では、これに何を入れて旅をしていたのかひとつひとつ紹介していきます。

パスポート

重要度 海外旅行 :◎ 国内旅行 :△

これがなければ出国も入国もできません。

また、万が一に備え、パスポートのコピーを紙とデジタル両方で保存しておくといいでしょう。

携帯にパスポートの写真があると、機内で配られる入国審査書に旅券番号を書くときに、いちいちカバンからパスポートを出さずに済みます。

また、スキミング防止ケースがあると安心です。

国内旅行では、よっぽどの事がないかがり、必要はないでしょう。運転免許証を持っていない方は、身分証明書代わりに持ち歩いてもいいかもしれません。

クレジットカード 2枚

重要度 ◎

海外だろうと国内だろうとこれは必須でしょう。

特に海外だと、日本円を現地通貨に換金して使うより、基本的にお得なので、積極的に使っていきましょう。

なぜ2枚かと言いますと、これは私が実際に経験したことなのですが、航空券の支払いの時です。なぜか、クレジットカードが機能せず、支払いができないということがありました。

その時は二人旅だったため、友人に一時的に負担してもらうことで凌げましたが、ひとりだっと時を考えると冷や汗が止まりません。

また、日本ではJCBが多くの店舗で使えますが、海外では意外と使える国が少なくて一枚しか持っていないと困ります。

JCBに限らず、2枚持つ時は、ブランドを分散させてリスク分散を図りましょう。

私は上記の事件以来、VISAとMasterCardの二つを持ち歩いています。

海外だと、スキミングや不正利用が怖いという方もいます。が、対応がしっかりしている大手の会社のものを選べば大丈夫でしょう。

ちなみに、私は中国で20万円ほど不正利用に遭いましたが、カード会社に全額返金していただきました。

また、不安であればパスポートと同じようにスキミング防止ケースに入れときましょう。

財布と現金

重要度 ◎

たまに、現金を持ち歩くのをやめましたという方がいますが、彼らは何年か先を生きているようです。

まだまだ現金しか使えない店は多く存在します。特に、地元民がよく使う隠れた名店みたいな店は現金のみが多いです。

いくらキャッシュレスが楽といえど、こうした店を選択肢から外してしまうのは非常にもったいないです。

しかし、海外についたときに、日本円の硬貨は換金ができないため、邪魔でしかありません。

日本円と海外通貨を分けるために、財布を二つ持っていくという方がいますが、あまりお勧めしません。重くなるからです。

オススメは、「家を出るときに硬貨は全て置いていく」です。

家を出て、電車に乗る、空港で食事、搭乗直前コンビニでお茶とおにぎりを買う。

これ全て、交通系ICカードSuica等で済みます。

お札のみを財布に入れておけば、現地についた時、小銭入れは現地通貨専用のものとなっています。

衣服

重要度 ◎

衣服については少し難しいです。

人によって、ズボンは数日履いてても平気という方や毎日履き替えないと気持ち悪くて我慢できないなどという方がいるからです。

オススメは我慢することです。かさばる上、意外と重いのが衣服です。

私はズボンは数日に一回、下着、Tシャツは毎回洗濯をして、寝巻きを外着と兼用することによって軽量化しています。

では、実際に私が持ち歩いていた衣服を夏と冬に分けて紹介しましょう。

以下、移動時に着ているものも含みます。

ポロシャツ3枚(夏)、長袖Tシャツ2枚(冬)

ポロシャツは化学繊維の軽くて、速乾性の高いスポーツのときに着るようなやつです。

Tシャツは綿100%のものを使用しておりましたが、ポロシャツと比べると少し重いためオススメというわけではないですね。

お洒落とかどうでもいい!軽さと快適さ絶対!という方は、化繊の速乾重視の素材でできたTシャツ、ポロシャツを持ち歩きましょう。

なお、寝る時もこれらを着ているので、2、3日に一回は洗濯をしています。

ジーンズ

私はリーバイスのジーンズを愛用しており、かれこれ4年ほど履き続けています。

ジーンズのメリットは、汚れが気にならない、強靭である、洗わなくてもなんとかなる、合わない色がほぼない。

デメリットは、重い、乾きづらい、暑い、動きづらい。

あまり、長期旅には向いている服とはいえないかもしれませんが、私はこれが好きで履き続けています。

また、代替品が見つからないというのが理由の一つです。

ジーンズを持っていく方は、移動が多い日は履きましょう。少しでも軽くするためです。背負うより履いた方が楽です。

タイパンツ

バンコク に行ったとき、市場でなぜかトルコ人に半ば強制的に買わされたタイパンツ。

当初は、あまり使わないだろうと思っていたが、非常に軽く、真夏でも通気性が良いため、一年通して愛用しています。

少し派手ですが、海外で使うときには、人の目線など気にならないでしょう。

また、動きやすいため、寝巻きとしても優秀です。

ハーフパンツ 夏限定

私はポロシャツと同じメーカーの速乾性、軽さ重視の化繊のハーフパンツを使っています。

これも寝巻き外着兼用です。

下着

パンツを履いていく分含めて4枚です。

靴下は持っていきません。夏はサンダルオンリーです。

オススメはユニクロのエアリズムの下着ですね。速乾性と軽さと快適性全てがバランスいいです。

サンダル

私はTEVAのハリケーンを使っています。

歩き心地も非常によく、どうしても寒いときには親指にかけないので、靴下を履けます。

夏のバックパッカーでは靴ではなく、やはりサンダルがオススメです。

靴下を持ち歩かなくて済むというのが大きいです。

マウンテンパーカー

私はこれを兼雨具として使っております。折り畳み傘がフィリピンの空港で没収されてから現在は傘なしで旅しております。

いつか買うかもしれませんが、、、

東南アジアの国々は基本的に冷房が強いです。寒さに自信のある私でも音を上げました。

防水、防風で寒さをしのげるのでぜひ持っていきましょう。

ユニクロのウルトラライトダウン 冬限定

これは冬にしか持ち歩きません。マウンテンパーカー の中にこれを着ることで、真冬の北海道でも寒さを凌げることができました。

なんだかんだユニクロは安くて性能も良いので、あまりお金がない方はこれでも十分です。

コートは動きづらく、脱いだときにカバンの中に入らなかったりするので、オススメしません。

ネックウォーマー 冬限定

マフラーと迷いました。しかし、こちらの方がコンパクトで、動きやすい、マウンテンパーカー との相性を考えこちらにしました。

この辺は好みでも良いでしょう。

自転車に乗る予定の方は迷わずネックウォーマーで。

ヒートテック上下 冬限定

なんだかユニクロの商品ばかりになってしまいました。

ヒートテックがあることで、先ほどのタイパンツを延命することができます。

これはコンパクトで軽い方なので、持って行って損はなし。

サンダル (夏) スニーカー とスリッパ(冬)

夏はサンダル一足。冬はスニーカー一足とホテルにあるような薄いスリッパ一足で旅に出ます。

滞在先の宿にスリッパがなく、風呂上りに再び靴下を履いたりしたくないので、スリッパは私には必須です。

以上が、私が普段旅に出るときに着ていくまたは持っていく服の紹介でした。

こうみると、冬は重くなるのは間違いないですが、着ていくことが多いのでそこまで重くはならないですね。

女性だとワンピースを積極的に使用するとかさを減らせるでしょう。

simフリースマートフォン

重要度 ◎

人に尋ねながら、みちに迷いながらも旅をするというのも楽しそうではありますが、やはりマップ機能は優秀です。

近くの美味しいご飯屋さんを探すときにも役に立ちます。カメラとしても。

ひとつ、海外へ行く予定の方は、simフリー化しておきましょう。

simがないと空港についても売り場が調べられないとなりかねません。

simカードも事前に日本で購入しておくことをお勧めします。アマゾンでも取り扱っております。

充電器とモバイルバッテリー

重要度 ◎

iPhoneとMacbookを持ち歩く私にとって、これは必須ですし、スマホを使うあなたにも必須でしょう。

私はAnkerの充電器とモバイルバッテリーの両方を兼ね備えた充電器を持ち歩いています。

ちなみにこれは少し遅いですが、iPad proやMacbook12インチを充電することもできます。

私はパソコンもiPhoneも充電器をこれ一本に絞って軽量化しています。

衛生用品

重要度 ◎

これは人によって持ち歩くものが変わってくるでしょう。

持病やお腹が弱い方は薬は必須ですし、女性ならば生理用品が必須です。

参考までに私が持ち歩いていたものを紹介します。

・歯ブラシと歯磨き粉 ー いつも使ってるやつが使いやすい

・電動シェーバー または 剃刀 ー 充電器は持ち歩きません。荷物になるので

・爪切り ー 忘れやすい。一週間を超えるような場合必須です。

・使い捨てコンタクトレンズ ー メガネと使い分けています。5日分ほど持ち歩いています。

・ボディタオル ー 体は毎日洗います。普段使っているものがやはり。

・リップクリーム ー 超乾燥肌のため。

イヤホン

重要度 ○

グループ旅行ではほとんど使いませんでしたが、軽いので持って行っています。

飛行機内での暇つぶしや音楽を聴くときや電話をするとき等々。

カメラ

重要度 ○

最近、iPhone11が発売されタピオカカメラなどと呼ばれ話題を呼びました。

私は旅行にはX100Fというfujifilmのおおよそ500gほどのコンパクトデジタルカメラを使っています。(通称コンデジ)

iPhone11も少し触らせてもらいましたが、何年も前の手元にあるfujifilmのX100Fの方が写りがいいと素人の私でも一瞬で見分けがつきます。

ただ、旅行写真にそこまで求めていない!という人はスマホのカメラで十分です。

何より重いです。

一眼レフは1kgを超えたりするそうです。加えて交換レンズを持ち歩くと考えるとかなり辛いです。

この辺は人によりそうですね。きれいな写真が外せない方は忘れないようにしましょう。

PC または タブレット

重要度 △

ただの旅行であればどちらもなくてもいいと思います。

私は私用で旅先でもPCが必要となるためMacbook 12インチを持ち歩いています。

また、kindleを持ち歩いて暇なときに読書をしています。

iPadなどのタブレットは、ガイドブックをダウンロードして読んだり、機内で映画を観て暇つぶししたり、滞在先で大画面で調べ物をしたりできて意外と使い道があります。

重量に余裕がある人は持っていってもいいでしょう。

まとめ

以上が、私が普段旅に出るときに持ち歩いているものたちです。

逆にこれは使わなかった!というものもいくつもあるため、後ほど紹介しようかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました